読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yurika BLOG

結婚2年目、転勤族妻がシンプルな暮らしを目指すブログ。結婚式のこと、暮らしのこと、スキンケアのこと。現在出産にむけシンプルで快適な暮らしづくりに奮闘中。記録用ブログです。

〈ゆる脱ケミカル〉できるだけシンプルなスキンケアに変えてみた。

 

妊娠してから気になりはじめた基礎化粧品の成分。いつまでたってもスキンケアジプシーでデパコス巡りにも疲れたので、少しだけ化粧品の成分について勉強してみました。

yurikablog.hatenablog.com

悪者にされがちな合成界面活性剤アルコール合成ポリマー防腐剤は必ずしも悪者とは言えないけど、肌のバリアが薄くなってる人にとっては避けた方がいい成分であるということは感じました。

「肌に不要なものを一切排除する」この究極の考えが「肌断食」や「宇津木式スキンケア」です。

基本的に基礎化粧品の類は一切使わない

将来的にずっとスキンケア用品を使わなくてもいい肌になる!

基礎化粧品の使い過ぎなどで弱ってしまった肌が回復する!

といった考えです。

ただなにもつけないだけじゃ失敗する!肌断食のデメリット

肌断食を始めると、ケミカルコスメに頼ってきた肌が露わになって、最初は逆に肌が荒れてしまうそうです。それを乗り越えると肌がだんだんと自己回復能力を取り戻して、保湿しなくても自力で潤う肌になっていく、というものなのだそうです。

ただ肌断食にも順序があって、昼間の化粧は今まで通りでクレンジングも洗顔もするのに、そのあとなにもつけないんじゃただ肌質が悪化する一方なのです!!!

洗顔やメイクなどの外的負担を軽減させ、保湿をしない、というのが基本セットです。

なので、肌断食をするためにはメイクもできるだけしないか、石けんで落とせるようなメイク(ミネラルファンデとか)にしなくてはなりません。その石けんでさえも最初は負担になりますから、ほんとはメイクは極力しないで水洗顔がいいです。

こんな生活できる環境の女性なんて、限られてますよね?

 

個人的な意見ですが、将来的にずっと化粧もスキンケアもしないで野性的で健康的な肌でいたいわけではありません。

できれば化粧品とうまく付き合いながら、なるべく肌に負担をかけない方法で美肌を保ちたいです。

ケミカルコスメを完全に断つことは難しいので、不必要なものがなるべく入っていない、シンプルなコスメに変えてみることにしました。

肌記録のためにも選んだ化粧品の成分を書き留めます^^

肌断食も、効果的ならば「弱った肌を回復させるため」にできる範囲で上手く取り入れていきたいです。

 

「ゆる脱ケミカル」的 できるだけシンプルなスキンケア

私の〈ゆる脱ケミカル〉の定義は、肌を傷めてしまう可能性のある合成界面活性剤、アルコール、合成ポリマーなど化学合成成分がなるべく入っていない基礎化粧品を選ぶことです。

 

クレンジング・洗顔

クレンジングは洗浄成分に合成界面活性剤を使っていることがほとんどなので、なるべく控えたいものではあるんですけど、メイクをする以上は多少の界面活性剤は仕方ありません^^; ただ洗いすぎず、W洗顔が必要ないやつにしています。

メイク用品をせっけんで落ちるものに移行していけたら、いずれは石けんのみに変えていきたいです!メイクしない日はなるべく水洗いにしています。

f:id:yurikablog:20170418193724j:plain

スキンビル/ホットクレンジングジェル

美容成分99.7%と謳ってますがどうなんでしょう?洗い上がりは突っ張らない感じがします。合成界面活性剤が入ってる以上肌によくはないですね。いまのがなくなったらリピはしない。

グリセリン 保湿剤、変性剤
DPG 香料、溶剤、粘度低下剤
イソステアリン酸PEG-20グリセリル 合成界面活性剤、乳化剤
トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル 合成界面活性剤、乳化剤
アロエベラ液汁 保湿性、抗炎性
グリチルレチン酸ステアリル 香味料、消炎作用
(ベヘン酸/エイコサンニ酸)グリセリル 油剤、親油性増粘剤
カラメル 着色剤
アルテロモナス発酵エキス 保湿性
ヒドロキシアパタイト スクラブ剤、充填剤
イワベンケイ根エキス 酸化防止剤、収れん剤
オプンティアストレプタカンサエキス 保湿性
ハマメリス葉エキス 収れん剤、保湿性
ツボクサエキス 保湿性、抗炎性、洗浄性
イタドリ根エキス 酸化防止剤、鎮静性
オウゴン根エキス 保温剤、抗矧性、抗酸化性
ソメイヨシノ葉エキス 保湿
ローヤルゼリーエキス 保湿性
カンゾウ根エキス 酸化防止剤、抗炎性
チャ葉エキス 保湿性、酸化防止剤
ホウセンカエキス 保湿性
カミツレ花エキス 芳香性エキス、閉塞剤
ローズマリー葉エキス 芳香性エキス、酸化防止剤
クリサンテルムインジクムエキス 保湿性、収れん性、消炎性
アーチチョーク葉エキス 保湿性
レモン果汁 芳香水、収れん性
オレンジ果汁 芳香水、抗菌性、収れん性
ライム果汁 保湿性
ナツメ果実エキス 保湿性、消炎性
サンザシエキス 保湿性、収れん性、抗菌性
リンゴ果実エキス 保湿性、抗炎性、防腐性
グレープフルーツ果実エキス 防腐剤、保湿性
ハチミツ 香味料、保湿剤、収れん性
セラミド3 油剤
ヒアルロン酸Na 半合成ポリマー、保湿剤
加水分解コラーゲン 保湿剤、界面活性剤
オリーブ果実油 油剤
オレンジ油 香料、精油
カルボマー 合成ポリマー、乳化安定剤
酢酸トコフェロール ビタミン類、酸化防止剤
BG 保湿剤、溶剤、粘度低下剤
トコフェロール 酸化防止剤、V.E
PG 保湿剤、溶剤、粘度低下剤
ペンチレングリコール 溶剤、殺菌剤、感触改良剤
溶剤
水酸化Na pH調整剤、アルカリ剤

 

化粧水・美容オイル

宇津木式スキンケアによると、「化粧水は肌バリアを破壊するだけ、水分は外側から入らない」とのことですが・・・ いきなりなくして荒れ性の原因になったりしても怖いので、オイルを伸ばしやすくする意味でも、バシャバシャしすぎず最低限の量を使うことにしました!

完全脱ケミカルコスメだと、精製水+グリセリンとかのシンプルな手作り化粧水や、フローラルウォーターなどがあります。

しかしそれでは少し物足りなくなるかも・・・??と不必要なものが入ってなくて、シンプルだけどちゃんと保湿成分の入ってるものを選びました。

また乳液やクリームは乳化の目的で界面活性剤が入っていることがほとんどなので、美容オイル(ピュアオイル)を選びました。

 

f:id:yurikablog:20170418215756j:plain

松山油脂/肌をうるおす保湿浸透水

セラミドや大豆由来の保湿成分が入っていて、合成界面活性剤フリー、アルコールフリー、合成ポリマーフリーというシンプルな処方です!完全ノンケミカルとは言えないけど、肌に負担は少なそうです。シンプルでプチプラなのもうれしい!!

溶剤
BG 保湿剤、溶剤、粘度低下剤
グリセリン 保湿剤、変性剤
1,2-ヘキサンジオール 溶剤、抗菌性
ダイズ種子エキス 保湿性、乳化安定剤
ダイズ発酵エキス 親水性増粘剤、保湿性
加水分解ダイズタンパク 保湿剤、乳化安定剤
ダイズステロール 油剤、エモリエント剤
セラミド1 油剤
セラミド2 油剤
セラミド3 油剤
セラミド5 油剤
セラミド6II 油剤
ヒアルロン酸Na 半合成ポリマー、保湿剤
トレハロース 香味料、保湿剤、細胞保護
水添レシチン 合成界面活性剤、乳化剤
キサンタンガム 天然ポリマー、乳化安定剤
クエン酸 キレ-ト剤、pH調整剤
クエン酸Na 緩衝剤、キレート剤

 

水添レシチン・・・合成界面活性剤と表記されますが、レシチンは大豆由来の保湿成分で、そのままでは不安定な性質なので、安定性の高い水添レシチンとして使用されているそうです。

化粧品に配合するレシチンおよび水添レシチンの目的は、角質層になじみやすく細胞間脂質と同様の性質をもっていることによる肌の保護効果(エモリエント効果)や燥による肌荒れを防ぎ柔軟な肌に整えること

水添レシチン(精製大豆レシチン)とは…成分効果と毒性を解説 | 化粧品成分オンライン

 

ACURE/アルガンオイル

100%ピュアアルガンオイルです。iHarb個人輸入だから少し手に入りにくいけど、ACUREのアルガンオイルが質も良くてコスパが良い!!!!

アルガンオイルオレイン酸ビタミンEの働きに期待^^

アルガンオイルのうれしい効能はこちらのブログを参考にさせてもらいました!!

goorganiclife.info

 

ゆる脱ケミカルの効果

化粧をしない日は水洗顔にしたり、水洗顔の日はローズウォーターにしたりと、ゆるく脱ケミしていますが、今のところ保湿に物足りなさは感じていないです。

「肌断食」のように短期間での肌質改善は望めないかわりに、劇的な肌の悪化もないです。ゆるやかに肌への負担を減らして少しずつ肌質が変わればいいなぁ。

ちなみに化粧水と美容オイル合わせて3000円いきませんでした。今まで何万もかけて基礎化粧品ライン買いしてたのはなんだったんでしょう。

 

肌への悪影響を減らしてから、週末プチ肌断食にもチャレンジしてみますー!!

 

yurikablog.hatenablog.com

yurikablog.hatenablog.com